international
pcborder
category
sns
新商品やニュースなどいろいろな情報を配信しています。

Groovy-IoT

商品写真には二台写っていますが、本製品は一台のみでの販売です。


IoTはセンサからのデータをクラウド上へ展開するのが第一歩です。センサをPCやラズパイに付けるためにはなんらかのインターフェイスが必要になります。様々なセンサを付けるためにはインターフェイスも種類が必要になります。この回答のひとつとしてGrove Systemがあります。

Groovy-IoTはGroveセンサをUSB経由で接続するためのデバイスです。

  • 名前の由来

Groveも使える万能型のインターフェイスですが、Groveは商標上、利用する事は出来ません。後はIoTと言う言葉はもはやバズっています。ノリでIoTが出来ればいいんじゃないか?と言うことで、Groovy-IoTとしました。

特徴

  • Groveセンサが使える

file

file

MCP2221Aの豊富なI/OはGroveのピンアウトと同一にしてあります。排他制御になりますが、GPIO、ADC、DACが利用出来、I2Cタイプのセンサも接続可能です。3.3 V/5 Vの切替えジャンパにより、どちらのセンサも利用可能です(混在不可だが、スタックして別系統として利用可能)。

  • USB-Serial I/Fとして使える

センサやラズベリーパイの様なデバイスをいじるようになると、USB-Serial I/Fが手元にひとつ有ると重宝します。Groovy-IoTはMac、Linuxと機種を問わず接続が可能です。こちらもジャンパの切替えにより3.3 V/5 Vのどちらの系でも利用可能です。

  • ラズベリーパイとの高い親和性

file

file

基板の穴位置をラズベリーパイと合わせているので、ネジで固定してスタックする事が出来ます。物理的な制約のためGroveコネクタの数こそ少ないですがMCP2221Aの全てのピンは引き出してあります。

file

file

※本製品に接続用のケーブルは付属しません。

特にラズベリーパイの場合はハットを使うためのピンヘッダに干渉しないので、拡張性と機能性の両立が可能です。

  • PCでもセンサが接続出来る

シリアル以外の各種I/FはUSB-HIDで制御します。このためPCからでも各種センサを利用する事が出来ます。併せてセルフパワーのUSB-Hubを仲介する事により、センサの数を増やす事が出来ます。基板はスタックできるため、効率的に増設出来ます。

資料

大宮技研さんからの受託販売商品です。
輸送上の問題は当社が責任を負います。技術的なご質問には、当社ではお答えできません。
上記技術資料のページなどをご参照の上、ご自身で解決していただく必要があります。

2018年10月30日更新
名前 Groovy-IoT
コード番号 OMIYAGIKEN-003
SKU# 4006
送料区分 150
税込単価 2,480
数量
在庫 5 (即日出荷可能)
次回入荷
短縮URL ssci.to/4006
公開日 2018年10月30日