international
category
sns
新商品やニュースなどいろいろな情報を配信しています。

M5Stack FIRE

本製品に搭載の9軸センサにつきまして、最初期に搭載のMPU6050 + MAG3110からMPU9250へ変更された後、2019年7月29日当社入荷分以降はMPU6886 + BMM150 SH200Q + BMM150という組み合わせに変更され、順次切替を行っております。また、次期モデルにてMPU6886 + BMM150搭載となる予定です。I2CアドレスはSH200Qは 0x6c、MPU6886は 0x68 です。(2019年8月27日追記)


UI.Flowにおいて、"Hardwares"-"Imu"のブロックはIMUがSH200Q搭載のFireにも対応していますが、"Modules"-"Bala"のブロックが対応していません。今後対応予定とのことです。(2019年8月27日追記)


本製品に書き込まれているファームウェアのバージョンは1.2.3ですが、M5Burnerで書き込める1.2.3と同一ではなく、SH200Q + BMM150搭載品専用のファームウェアのようです。アップデートしたい場合は1.3.5 Betaを書き込んでください。ただし1.3.5 BetaはPSRAM非対応です。今後、PSRAM対応ファームウェアがリリースされる予定です。(2019年8月27日追記)

元の1.2.3に戻したい場合、このZipファイルを展開してesptoolを使って書き込んでください。「COM3」部分はつないだM5Stack FireのCOMポートに合わせてください。

esptool.exe -c esp32 -p COM3 -b 115200 write_flash 0 m5stack_fire16_.bin

macOSでesptoolを使う場合、ポートに指定は'/dev/〜'から記述します。
(2019年8月28日追記)


付属のUSB Type-Cケーブルに品質のばらつきがあるという報告があがっています。表裏を差し替えると動作することもあるようですので、取り急ぎお困りの方はお試しいただければと思います。現在メーカー側にて調査中ですので、進展があり次第、追記いたします。(2019年2月4日)


BasicやGrayよりもM5GOに近い仕様です。M5GOと比較すると、PSRAMが追加され、9DoFのセンサが変わっています。M5GO IoTスターターキットに付属していたモジュール類は付属しません。

※PSRAMについて

2018年9月7日入荷分より、PSRAMが正常利用できるものを出荷しております。

現在メーカーより、当製品の一部にPSRAMが使えない不具合が発生しているとの報告を受けております。該当のお客様には正常品との交換を予定しております。現在交換プログラムを準備中ですので、ご迷惑をおかけして申し訳ないのですが、今しばらくお待ち下さい。また、それに伴い本製品の販売をしばらくの間停止いたします。(2018年8月16日追記)PSRAMが正常に利用できない製品について、2018年10月31日当社着まで交換を受付中です。詳しくは「M5Stack FIRE不具合について、交換プログラムのご案内」の記事をご確認ください。

以下の内容は情報が古く、処置を行っても正常に利用できない可能性があります。

メーカーによると、GROVEモジュール用のシリアル通信(Cポート)とコンフリクトするためPSRAMは初期状態では利用ができず、Bottom側のg16/17ピンをカットしていただくことで利用可能になる、とのことです。(2018年8月6日追記)

上記の方法の他、240Ωから1kΩの抵抗をUART通信ピンとGNDの間に追加することで、ピンのカットを行わず、PSRAMを有効にすることが可能です。(2018年8月7日追記)

その他商品写真など

file

BottomはM5GO(LEGO互換)と同じものです。

file

M5GO CHG BASEという充電用ドックが付属します。

利用方法

パワーボタンを一度押すと起動します。動作中に一度押すと再起動、すばやく二度押すと電源が切れます。

初回起動時はまずSetupを選択し、Wi-Fi環境のセットアップを行ってください。その後M5Stackが再起動するのでGuideを選択し、最後のQRコードをスマホで読み込むことでスマホからビジュアルプログラミングが可能です(従来どおりArduinoやMicroPythonでも開発は可能です)。

本体仕様

file

  • 搭載チップ:ESP32
  • Flash:16M Flash + 4M PSRAM
  • 入力:5 V@500 mA(USB経由)
  • インタフェース:
    • 1 x USB Type C
    • 3 x GROVE(Aポート:I2C、Bポート:I/O、Cポート:UART)
    • 1 x ポゴピン
  • LCD:2インチ、320 x 240 カラーTFT LCD
  • スピーカー、マイク、10 x RGB LED、MPU6050(三軸加速度センサ・三軸ジャイロセンサ)、MAG3110(三軸デジタル磁力センサ)or MPU9250(三軸加速度センサ・三軸ジャイロセンサ・三軸デジタル磁力センサ) SH200Q or MPU6886(三軸加速度センサ・三軸ジャイロセンサ) + BMM150(三軸デジタル磁力センサ)、microSDカードスロット(16 GBまで)、550 mAhバッテリー搭載
    • I2CアドレスはSH200Qは 0x6c、MPU6886は 0x68
  • 動作温度:0℃~40℃
  • サイズ:54 x 54 x 21 mm
  • 重さ:56 g
  • ケース:プラスチック

内容物

  • M5Stack Fire 本体 1個
  • M5GO BASE(本体にネジ止めされてます) 1個
  • M5GO CHG BASE(M5GO BASEにくっついています) 1個
  • USB2.0ケーブル(A-Type Cタイプ) 1個

資料

2019年8月28日更新
Category
Name M5Stack FIRE
Code M5STACK-FIRE
SKU# 3953
Shipping 500
税込単価 6,325 JPY
数量
在庫 多数 (即日出荷可能)
次回入荷
短縮URL ssci.to/3953
公開日 2018年8月2日