international
pcborder
category
sns
新商品やニュースなどいろいろな情報を配信しています。

脈波センサデバイス - PULSE02

脈波センサデバイスは、指先などの末梢血管のある部分を光センサ部に置いて脈波をアナログ出力するセンサデバイスです。

高感度な受光素子と簡単なトランジスタアンプで指先で1 V程度の脈波振幅を得ることができ(個人差はあります)、マイコン基板などで取り込んで計測することができます。

安定的に計測するため、付属アクリルケースに組み込んでの使用を推奨します。

file

file

file

特徴

  • 簡単なアナログ回路(トランジスタ回路)だけで脈波を十分な振幅のアナログ出力にします。
  • 電圧は3 V~5 Vまで可能です。
  • ケースサイズ 40 mm x 30 mm x 12 mm(厚みはセンサ突起含まず)

注意

  • 出力部はリード線あるいはコネクタのはんだ付けが必要です。
  • 脈拍数を計測するにはマイコンなどでA/Dして処理が必要です。
  • 組み立てには、六角レンチが必要です。

資料

のるLABさんからの受託販売商品です。輸送上の問題は当社が責任を負います。技術的なご質問には、当社ではお答えできません。上記技術資料のページなどをご参照の上、ご自身で解決していただく必要があります。

2018年10月24日更新
Name 脈波センサデバイス - PULSE02
Code NORULAB-007
SKU# 3762
Shipping 150
税込単価 2,180 JPY
数量
在庫 3 (即日出荷可能)
次回入荷
短縮URL ssci.to/3762
公開日 2018年3月15日