international
pcborder
category
sns
新商品やニュースなどいろいろな情報を配信しています。

Adafruit Feather M0 Express(CircuitPython用)

CircuitPython用に設計されたFeatherボード(Adafruit社製の小型Arduino互換基板シリーズ)です。Arduino IDEでも開発することができます。CircuitPythonで開発したい方は、「CircuitPythonを試してみた(スイッチサイエンスマガジン)」、もしくはAdafruit社のチュートリアル(英語)内「CircuitPython Setup」を参照ください。

CircuitPythonは、Pythonをハードウェア用にアレンジしたMicroPythonを元に、Adafruit社が自社ボード向けに調整した言語です。現時点のCircuitPythonはベータ版です。バグがある可能性もありますので、予めご了承ください。

本製品は、Mini NeoPixel フルカラーLEDと2 MBのSPIフラッシュストレージ、プロトタイピングエリアを備えています。SPIフラッシュストレージは超小型のHDDのように利用可能です。CircuitPythonで使う時には、スクリプト、ライブラリ、ファイルの置き場としてご利用ください。Arduinoで使う時には、小型のデータロガーやSDカードのように読み書きすることが可能です。また、Adafruit社の補助プログラムを用いて、USB経由でファイルにアクセスすることもできます。

本製品はUF2ブートローダーをプリロードしています。USBストレージとして開けるフォルダに、CircuitPythonやPXT MakeCodeでコンパイルしたUF2ファイルをドラッグアンドドロップするだけで、開発環境を意識せず、プログラムを書き換えることができます(特別なツールやドライバは不要です)。これにより開発環境をCircuitPython、PXT MakeCode、Arduino IDE(BOSSA互換性あり)の間で自由に切り替えることが可能です。

※2017年8月29日現在、PXT MakeCodeでUF2ファイルを書き出す際のターゲットに本製品が存在しません。理論的には可能ですが、実際にはAdafruitの対応待ちの状態です。

本製品はピンヘッダを実装していません。用途に応じて、付属のピンヘッダ、もしくはお好きなものを取り付けてください。また、リチウムイオン電池やUSBケーブルは付属しません。

file

特徴

  • MCU:ATSAMD21G18
    • 動作周波数:48 MHz
    • 電源/ロジック電圧:3.3 V
    • フラッシュ:256 KB
    • RAM:32 KB
    • EEPROM:なし
  • 水晶発振子:32.768 KHz(クロック生成&RTC用)
  • 3.3 Vレギュレータ搭載(最大500 mA出力)
  • USBネイティブサポート(USBブートローダーやシリアルポートでのデバッグに利用可能)
  • GPIO:20ピン
    • ハードウェアシリアル、ハードウェアI2C、ハードウェアSPIが利用可能
    • 全ピンPWM出力が可能
    • アナログ入力:6 x 12 bit
    • アナログ出力(DAC):1 x 10 bit
  • 100 mAリチウムイオン電池充電機能搭載(インジケータLED付き)
  • blink用 #13ピン 赤色LED
  • 電源ピン/3.3 V レギュレータ無効化ピン搭載
  • リセットボタン搭載
  • 四つの取り付け穴
  • 寸法:51 mm x 23 mm x 8 mm(ピンヘッダ未実装時)
  • 重量:5 g

資料

製造元希望小売価格:19.95ドル(税別)
製造元の販売ページ:https://www.adafruit.com/product/…

2017年8月30日更新
名前 Adafruit Feather M0 Express(CircuitPython用)
コード番号 ADA-3403
SKU# 3425
送料区分 150
単価 2,797
数量
在庫 多数
短縮URL ssci.to/3425
公開日 2017年8月30日