international
category
sns
新商品やニュースなどいろいろな情報を配信しています。

VL6180X 赤外線近接距離センサモジュール

STMicroelectronicsのVL6180Xを搭載する、赤外線近接距離センサモジュールです。赤外線の照射から反射までの時間差から距離を計算する測距センサとしての利用以外にも近接センサとしての利用や、環境光の測定も可能です。

0~100 mmの範囲で、1 mmの分解能で距離を測定できます。反射光の強度で距離を測る一般的な測距センサと違い、STMicroelectronicsのFlightSense技術を使い、反射光の時間から距離を計算するので、測定対象の色や表面状態に依存しません。

距離や環境光の測定結果はI2C通信で読み出します。基板上にレベルコンバータが乗っているので、幅広い電圧で使うことが出来ます。

ピンヘッダも同梱しています(実装はしていません)。


特徴

  • 最低動作電圧: 2.7 V
  • 最大動作電圧: 5.5 V
  • 測定範囲: 0 mm から 100 mm
    • 反射率が良ければ、8 bitの分解能の最大値である255 mmまで測定できます。
  • 消費電流: 5 mA

資料

製造元の販売ページ:https://www.pololu.com/…
製造元希望小売価格:8.49ドル

2018年9月6日更新
Name VL6180X 赤外線近接距離センサモジュール
Code POLOLU-2489
SKU# 2518
Shipping 150
税込単価 1,112 JPY
数量
在庫 多数 (即日出荷可能)
次回入荷
短縮URL ssci.to/2518
公開日 2016年3月16日