international
pcborder
category
sns
新商品やニュースなどいろいろな情報を配信しています。

SC16IS750 シリアル-I2C ピッチ変換済みモジュール

SC16IS750を搭載した、I2Cをシリアルに変換するモジュールです。マイコンのI2Cバスに接続してシリアル通信ができます。マイコンのシリアルポートの拡張用に便利です。

◆ 製品仕様

  • I2Cバスからシリアル通信が可能。
  • NXP SC16IS750IPWを搭載。
  • 12MHzの水晶発信子を搭載。
  • I2C アドレス設定用ジャンパパッド搭載。
  • I2Cバスのプルアップ用チップ抵抗(1608サイズ)のパッド搭載。
  • DIP幅は500mil。
  • 基板の色は青。

◎ チップの主な機能

  • I2C または SPI をシリアルに変換可能。
    (本モジュールではI2Cモードに固定してます)
  • I2C/SPI ともにスレーブのみサポート。
  • 115.2kbps までの IrDA SIRをサポート。
  • シリアルポートのデータレートは5Mbpsまで。
  • 64Byteの送信FIFOと受信FIFOを搭載。
  • 動作電圧は 3.3V または 2.5V。
  • 最大8bitまでの汎用I/Oピンを装備。

詳しくは メーカーサイト をご参照ください。

※ピンヘッダは各自でご用意いただき、ご利用用途に合わせてはんだ付けしてください。

◆ I2C アドレスについて

基板裏面にあるA1、A0のジャンパをカットし値を変えることによりI2C アドレスを変更できます。販売時はA1がVSS、A0がVDDに接続されているので、アドレスは0x98(1001 100X)になります。またA1、A0をSCLやSDAに接続する場合は、電線にて接続する必要があります。
file

◆ I2C プルアップ抵抗について

基板裏面のR3、R4に1608サイズのチップ抵抗をはんだ付けすることにより、I2Cの信号線を電源電圧(3V3端子)でプルアップすることができます。R3がSDA、R4がSCLをプルアップします。

※プルアップ用のチップ抵抗(1608サイズ)は各自でご用意いただき、ご利用用途に合わせてはんだ付けしてください。このとき、チップ抵抗とピンヘッダの距離が近いため、チップ抵抗を先に実装する事をお勧めいたします。

◆ 基板(表)

file

◆ 基板(裏)

file

◆ 資料

2016年10月13日更新
名前 SC16IS750 シリアル-I2C ピッチ変換済みモジュール
コード番号 SSCI-023108
SKU# 2310
送料区分 150
単価 1,620
数量
在庫 19
短縮URL ssci.to/2310
公開日 2015年7月8日