international
pcborder
category
sns
新商品やニュースなどいろいろな情報を配信しています。

GrovePi+

Raspberry PiでGroveシステムのパーツを使えるようにする拡張ボードです。はんだ付けを行わずに、Raspberry Piで電子工作を試すことができます。Raspberry Pi B/B+/A+/2に対応しています。

Python, C, Go, NodeJSなどの言語に対応したライブラリが開発されているので、お気に入りの言語でコードを書くことができます。

仕様

  • Groveコネクタから出力される電源電圧: 5V
  • デジタル入出力ポート ×7
  • アナログ入力ポート ×3
  • I2Cポート ×3
  • GrovePiに繋がるシリアルポート ×1
  • Raspberry Piに繋がるシリアルポート ×1

GrovePi+の製作者がテスト済みのGroveモジュール一覧はこちらです。

全体の構成図

file

GrovePiにはATmega328Pが搭載されており、そのチップを経由してRaspberry PiはGroveモジュールを使用しています。

Raspberry Pi B+で使用する場合の注意点

file

USBポートなどに端子部分が触れてしまうため、上の写真のようにマスキングテープなどを貼って絶縁して利用してください! GPIOピンの数が合わないと思いますが、次の写真のように接続を行ってください。

file

詳しくはこちらのページを参照してください。

資料

製造元希望小売価格: 23.99ドル(税別)
製造元の販売ページ: http://www.seeedstudio.com/...

2017年3月7日更新
名前 GrovePi+
コード番号 SEEED-103010002
SKU# 2129
送料区分 500
単価 4,250
数量
在庫 多数
短縮URL ssci.to/2129
公開日 2015年2月19日