international
pcborder
category
sns
新商品やニュースなどいろいろな情報を配信しています。

mbed LPC824

ARM Cortex-M0+コアのNXP LPC824をmbed開発環境で使えるボードです。LPC824はプロセッサコアが外部のピンにスイッチマトリックス経由で接続されているため、シリアル通信、SPI、PwmOutなどをほとんどのピンで使うことができます。AnalogInとI2C0は指定されたピンでしか使えません。

Micro-Bのレセプタクルが付いています。USBケーブルでパソコンと接続すると、他のmbedと同じようにドライブが認識されます。mbedのオンラインコンパイラで開発して、ダウンロードしたバイナリファイルをドラッグアンドドロップするだけで、マイコンにプログラムを書き込むことができます。mbedのオンラインコンパイラで開発するには、ターゲットとして「Switch Science mbed LPC824」を選択してください。

この基板に搭載されているインターフェースチップは、上記のドラッグアンドドロップによるプログラミングに加えて、USB-UARTブリッジ、CMSIS-DAPデバッグアダプタ機能も搭載しています。LPC824のUARTのひとつはUSB-UARTブリッジに接続されていますので、シリアル通信もすぐに使っていただけます。

mbed LPC824はmbed2.0に対応しています。mbed OS 5.0への対応予定はありません。

発送時にピンヘッダに刺さっているスポンジは商品を静電気から保護するためのものですので、使用時にはとりはずしてください。

特徴

  • フラッシュメモリ 32kB
  • RAM 8kB
  • 電源:USB Micro-B
  • USB経由でドラッグアンドドロップ書き込み可
  • シリアルターミナル用USBバーチャルCOMポート搭載
  • オフラインでも使えるCMSIS-DAPデバッグアダプタ搭載
  • ブレッドボードに挿しやすい細いピンヘッダを採用

基板寸法図

Windows PCでCOMポートとして認識されない場合

Windowsでは、COMポートとして認識させるためにドライバのインストールが必要です。mbed.orgのWindows serial configurationの「Download latest driver」からドライバのインストーラが入手できます。

1.mbedを接続します
2.エクスプローラーでMBEDドライブを開いていない状態で、ダウンロードしたインストーラーを起動してドライバをインストールします

資料

ファームウェア情報

9月14日より、20160812版のファームウェアを書き込んだものを出荷しています。

変更点は本mbedのファームウェアのページを参照ください。


2016年12月14日更新
名前 mbed LPC824
コード番号 SSCI-020251
SKU# 2025
送料区分 150
単価 2,592
数量
在庫 多数
短縮URL ssci.to/2025
公開日 2014年12月16日