international
pcborder
category
sns
新商品やニュースなどいろいろな情報を配信しています。

小型OLEDモジュール1.5インチ(μOLED-128-G2)

4D Systems社のインテリジェント有機ELモジュールです。μOLED-128-G1の後継機種。

バックライトは使用せず、画素自体が発光します。4DGL(4Dグラフィック言語)を使用し、独立したディスプレイ付きマイコンとして動作します。有機ELでの表示だけでなく、マイクロSDカード、シリアルポート、入出力ピンを使用したアプリケーションを作成できます。ファームウェアの書き換えで、シリアル接続したArduinoなどのマイコンからコマンドを与えてグラフィックを描画させる事も可能です。

特徴

  • 解像度:128 x 128 ピクセル, 6万5千色表示, PMOLEDスクリーン
  • 対角サイズ1.5インチ, 外形 45.5 x 33.5 x 6.1mm, 表示エリア 27mm x 27mm
  • 約180°視野角
  • 簡単に外部機器と接続できる10ピンインターフェース: VCC, TX, RX, GND, RESET, IO1, IO2, 3.3V
  • 4D-Labs GOLDELOX グラフィックプロセッサ搭載,
    4DGL(4Dグラフィック言語)に最適化
    - 2本のGPIOポート(汎用IOポート)使用可
    - デジタルI/O, 8/10bit分解能ADコンバータ, サウンド生成,
    マルチスイッチジョイスティック, Dallas 1-Wire等に
  • ユーザープログラム用10K Byteフラッシュメモリ,ユーザー変数用 510 byte RAM 搭載
  • 自動転送レート対応 TTLレベルシリアルインターフェース(300~256K baud)
  • micro-SDカードソケット
    - 64MB~2GB micro-SDメモリカードに対応
    - アイコン, 画像, アニメーションなどに利用可
  • 電源電圧:4.0~5.5V単一電源
  • パネル取り付け用 3mm 穴4箇所有り

資料

販売元の製品紹介ページ:http://www.sparkfun.com/...
販売元希望小売価格:53.95ドル(税別)

※通常の表示をする場合、写真と上下が逆(フレキシブルケーブル側が下)になります。

Prototyping Lab P.250 レシピ21で紹介されている小型ディスプレイの後継機種です。

背面

右下、10ピンインターフェースの6番ピン(IO1)と8番ピン(GND)にショートジャンパーピンが刺さっていますが、GPIOを使用しない場合は、そのままお使い下さい。

ピン番号:信号等
1:+5V電源入力
2:5V OUT(保護ダイオードにより4.7V程度になります)
3:TX TTLレベルシリアル出力
4:IO2 汎用IOピン2
5:RX TTLレベルシリアル入力(5Vトレラント)
6:IO1 汎用IOピン1
7:GND
8:GND
9:RESET 4.7KΩ抵抗で3.3Vにプルアップされています。
10:3.3V出力(最大出力電流:50mA)
詳しくはデータシートをご参照下さい。

付属のケーブルは奇数番ピンに挿せるようになっています。

付属のコネクタ付きケーブル

オスピンは取り外し可能なので、両側ともピンヘッダに接続可能。
オスピンの付いているコネクタ裏面にも信号名が書かれています。
シリアルコマンドを使うには、ファームウェアの書き換えが必要です。

表示イメージ

この液晶の画像は、ハメコミ合成です。

2017年4月20日更新
名前 小型OLEDモジュール1.5インチ(μOLED-128-G2)
コード番号 SFE-LCD-11676
SKU# 1255
送料区分 500
単価 7,552
数量
在庫 9
短縮URL ssci.to/1255
公開日 2013年6月以前