international
pcborder
category
sns
新商品やニュースなどいろいろな情報を配信しています。

KW-NLA1 Nutubeラインアンプ基板

本製品は基板のみの商品です。ご購入者様のもとで必要な部品を集め、はんだづけを含む組み立てを行って頂く必要があります。必要部品や組み立てについてはサポートページをご確認ください。


Nutubeラインアンプ基板 KW-NLA1は、蛍光表示管の技術を応用することで省電力化、小型化、品質向上を達成しながらも完全な3極真空管として動作するNutubeを用いたラインアンプです。

回路としては入力部でレベルシフトを行い、Nutubeの動作領域において線形性を保つ領域を選択。12 Vの電源に対し最大の14 dBのゲインに設定し(可変抵抗により調整可)、Nutubeの豊かな倍音を生かす設定としています。また、Nutubeによる増幅後のバッファには、超低雑音のJ-FET 2SK369を選択し、クリアな出力が得られるよう考慮しています。

特徴

  • 蛍光表示管技術を応用した新真空管、Nutubeを使用
  • 出力部のバッファには超低雑音でV(バイオレット)ランクのJ-FET 2SK369を使用
  • 入出力部のHPF用コンデンサにはオーディオ用としてリード線に無酸素導線を用いた、NISSEI社製積層形メタライズドポリエステルフィルムコンデンサMTFシリーズを使用

完成例

file

各種部品は付属しません。

資料

片平製作所さんからの受託販売商品です。輸送上の問題は当社が責任を負います。技術的なご質問には、当社ではお答えできません。上記技術資料のページなどをご参照の上、ご自身で解決していただく必要があります。

2018年10月5日更新
名前 KW-NLA1 Nutubeラインアンプ基板
コード番号 KATAHIRAWORKS-007
SKU# 4039
送料区分 150
税込単価 2,000
数量
在庫 0
次回入荷
入荷通知 ログインすると入荷通知を受け取るための設定ができます。
短縮URL ssci.to/4039
公開日 2018年10月5日