コンテンツにスキップ
2023年12月4日(月)現在、鹿児島の島嶼部と、沖縄県全域への配送遅延が発生しております。詳細はこちらから。
2023年12月4日(月)現在、鹿児島の島嶼部と、沖縄県全域への配送遅延が発生しております。詳細はこちらから。
SKU 3506

FLINT Control Panel 28 shield

送料区分: 650

商品コード: FLINT-002

発売日: 2017-10-17

在庫数: 1

短いURL: ssci.to/3506

¥13,037
¥13,037 - ¥13,037
Current price ¥13,037

20 × 4のLCDと28個のボタンを、I2C接続のみで制御できるArduinoシールドです。このシールドに必要な制御は2ピンで済みますので、Arduinoの外部接続ピンが節約できます。

機械の制御パネルや、テストの信号発生用の治具コントローラなどに最適です。

利用詳細はサポートページをご覧ください。

仕様

  • ATmega328Pが搭載されていて、このマイコンでLCDとボタンの入力の制御を行っています。
  • I2Cスレーブとして動き、Master側のArduinoと通信します。
  • Arduino用のライブラリを用意しました。複雑なI2Cの通信を考える事なく、プログラミングが可能です。
  • キートップは、ラベルが入れられる透明キャップが付いたタイプですので、キーの表示を自由にカスタマイズが可能です。
  • Arduino互換ピンのマイコンボードであれば、シールドとして使用できます(このシールドは5 Vのみ対応です)。ただし、I2Cの通信部分を書く必要があります。
  • Arduinoのシールド用のピンの全てがArduino peripheralとして引き出されているので、外付け部品を接続する事ができます。
  • Arduinoへの接続するシールド用のピンヘッダは、ロングピン(9 mm)を採用。
  • このマイコン自体のファームウェアもArduinoでのプログラミングが可能なため、ユーザー側で改造もできます(FTDI Basicが必要です)。
  • INT PINがあります。これを使うとプログラム側で常にボタンの状況を監視する必要はありません。
  • INT PINは、シールド側のD2/D3/D7に変更できますので、ボードによって違う割り込みピンに対応する事ができます。
  • 本体サイズ W140 × H150 × D20(単位:mm)

Arduinoとの接続方法

ピンが正確に刺されているように確認してください。ずれて刺されていると動作しません。

資料

file


こちらの商品は、FLINTさんからの_受託販売商品_です。
輸送上の問題は当社が責任を負います。技術的なご質問には、当社ではお答えできません。 上記技術資料のページなどをご参照の上、ご自身で解決していただく必要があります。

商品コード: FLINT-002