コンテンツにスキップ
営業日はカレンダー通り、土日祝日お休みをいただいております。お盆やお正月などの特別なお休みはこちらでお知らせいたします。
営業日はカレンダー通り、土日祝日お休みをいただいております。お盆やお正月などの特別なお休みはこちらでお知らせいたします。
SKU 3395

Conta™ サーモグラフィー AMG8833搭載

送料区分: 200

商品コード: SSCI-033954

在庫数: 100+

発売日: 2017年8月2日

¥4,950
¥4,950 - ¥4,950
Current price ¥4,950

Panasonic社の 8x8 の赤外線アレイセンサ「AMG8833」を搭載したセンサモジュールです。AMG8833には「Grid-EYE」という愛称がついています。

各素子ごとの温度測定範囲は0℃~80℃です。測定エリアはセンサ正面(上下左右約60度)の四角錘で、このエリアを8x8ピクセルに分割した2次元画像が得られます。

<!iframe width="400" height="225" src="https://www.youtube.com/embed/yyCWwQjBCGI" frameborder="0" gesture="media" allowfullscreen>

本製品は「Contaシリーズ」の規格に則った製品です。単体での使用はもちろん、Contaベースシールドに搭載することもできます。ピンヘッダははんだ付け済みです。

製品仕様

  • 赤外線アレイセンサ「AMG8833」搭載
  • 入出力は I2C バスインターフェース
  • 割り込み出力端子
  • I2C スレーブアドレスは “68h”と”69h”から選択可能(7ビット表記)
  • I2C スレーブアドレスの初期値は ”68h”(7ビット表記)
  • 8×8 の 赤外線アレイセンサにより2次元画像取得可能
  • 検出温度範囲:0~80℃(各素子)
  • 人検知が可能な距離:最長7m
  • 動作電圧:3.3 V ± 0.3V
  • 基板外形:2 cm × 2 cm
    ※センサ保護のテープが貼られている場合には、使用前に剥がしてください。

I2C バスのプルアップ抵抗について

本モジュールにはI2C バスのプルアップ抵抗は搭載されていません。
抵抗を追加するための配線パターンは用意してあるので、必要に応じて基板裏面の「R3・R4」に1608サイズのチップ抵抗を搭載してください。

I2C スレーブアドレスの設定方法

本モジュールのI2C スレーブアドレスは 、基板表面のソルダージャンパー「SJ1」をH/Lどちらかとショートすることで選択できます。
センターパッドを
”L”側と接続するとアドレス“68h”(出荷時はこちら)
”H”側と接続するとアドレス”69h”
になります。またセンターパッドは必ずH/Lのいずれかと接続してください。

基板(表)

enter image description here

基板(裏)

enter image description here

資料