プレスリリース

株式会社スイッチサイエンス
2017年8月3日

ヤマハのFM音源LSIを搭載した音源基板「YMF825Board」
Maker Faire Tokyo 2017にて先行販売

株式会社スイッチサイエンス(以下スイッチサイエンス、本社:東京都新宿区、代表取締役:金本茂)は、「ヤマハ株式会社(以下、ヤマハ)」のFM音源LSI「YMF825」を搭載した、ウダデンシ製電子工作用基板「YMF825Board」を、当社のウェブショップ上で本年8月30日(水)より販売開始いたします。

また、8月5日(土)、6日(日)の2日間、東京ビッグサイトで開催される「Maker Faire Tokyo 2017」のスイッチサイエンスのブースにおいて、デモ展示と先行販売を予定しています。

back

概要

本製品は、歌って奏でる半導体「NSX-1」を搭載した「eVY1シールド」、自然応答技術「HEARTalk™」を搭載した「HEARTalk™ UU」シリーズに続く、ヤマハの「個人のものづくり支援」施策の第三弾にあたる製品です。

ヤマハ独自のFMシンセサイザを搭載し、数種類のパラメータ指定により豊かなサウンドを再生することが可能です。ArduinoやRaspberry Pi等のマイコンボードから、SPIを通して直接YMF825のレジスタを制御することで発音させます。スピーカーアンプも搭載しているので、アンプ回路を別途外部に用意する必要がありません。これらの情報は、ヤマハの公式サイト(https://yamaha-webmusic.github.io/ymf825board/intro/)で仕様が公開され、YMF825Boardのサンプルプログラムも提供されます。

特徴

  • ヤマハ製FM音源LSI「YMF825」搭載
  • 4オペレーション・16和音に対応した豊かなサウンドの生成に対応
  • FMの基本波形を29種類、アルゴリズムを8種類内蔵
  • ArduinoやRaspberry PiなどのマイコンボードからSPI通信で制御可能
    • 3.3 V系で利用する際には、電子工作的な改造が必要
  • 16 bitモノラルD/Aコンバータとスピーカーアンプを搭載
  • ヤマハの公式サイト(https://yamaha-webmusic.github.io/ymf825board/intro/)で、制御用サンプルプログラムを随時公開予定

商品情報

当社商品型番 当社商品名 ウェブ販売価格(税込) ウェブ発売日 先行販売日
UDA-YMF825BOARD ヤマハFM音源LSI YMF825搭載モジュール YMF825Board 3,240円 2017年8月30日(水) 2017年8月5日(土)、6日(日)

販売について

<ウェブ上での販売について>

スイッチサイエンスのウェブショップ(https://www.switch-science.com/)にて8月30日(水)より販売いたします。

<「Maker Faire Tokyo 2017」での先行販売について>

8月5日(土)、6日(日)の2日間、東京ビッグサイトで開催される「Maker Faire Tokyo 2017」(http://makezine.jp/event/mft2017/)のスイッチサイエンスのブースにおいて40台限定で先行販売いたします。

当社について

スイッチサイエンスは、テクノロジーを、より多くの人々が道具として当たり前に使える世界を目指して活動しています。具体的には、電子工作用の電子部品を自社で設計、製造、または国内外から調達し、販売する事業を行っています。

近年は、多くの電子部品が小型化され、専門家以外には使いづらくなっています。こういった電子部品を数センチメートル角のプリント基板に搭載したモジュールの形で提供することで、多くの人がテクノロジーを楽しめる環境を作りたいと考えています。

商標について

*HEARTalk(ハートーク)は、ヤマハ株式会社の登録商標です。

*その他の文中の商品名、社名等は当社や各社の商標または登録商標です。

お問い合わせ先

販売について
お問い合わせ先メールアドレス sales@switch-science.com までお願いいたします。
報道関係の方
株式会社スイッチサイエンス 広報担当 安井(ヤスイ)までお願いいたします。
Tel: 03-6265-3615, E-mail: press@switch-science.com

プレスリリース一覧