プレスリリース

株式会社スイッチサイエンス
2014年6月30日

「mbed HRM1017」を7月初旬に発売

株式会社スイッチサイエンスは、Bluetooth Low Energy(BLE)の通信が可能な、ARM® mbed™対応開発ボード(マイコン開発キット)を、2014年7月初旬に発売します。希望小売価格は5,400円(税込)を予定しています。

まとめ

  • スイッチサイエンスが、BLEに対応した、mbed環境向けマイコン開発キットを発売
  • 発売は2014年7月上旬、希望小売価格は5,400円(税込)を予定
  • ウェブ上で開発、開発環境の構築が不要、パソコンのOSを問わない
  • マイコンへの書き込みは、USBメモリに書き込むだけで完了
  • iBeacon™のようなビーコン装置、無線センサ、IoTデバイス等の開発が可能

製品の概要

mbed HRM1017は、BLEによるBluetooth Smartデバイスを手軽に開発できる開発キットです。ソフトウェアの開発はmbed環境で行います。総務省の工事設計認証(いわゆる技適)を得たモジュールを搭載しているため、日本国内での適法な使用が可能です。

Nordic Semiconductor社自身が、mbed対応開発ボードとして「nRF51822-mKIT」を従来から提供していますが、この製品は技適等を取得していません。そのため、電波暗室を使用できるような企業の開発者しか使用する事ができませんでした。

mbed対応開発ボードのうち、チップメーカーまたはモジュールメーカーではないサードパーティが提供する製品として、世界で初めてBLEに対応しました。

mbed環境での開発が可能になったことで、パソコンに開発ツールをインストールすることなく、C/C++言語での開発を行うことが可能になりました。豊富なライブラリおよびサンプルコードが揃っているので、数百ページにもわたるマイコンチップの仕様書を読むこと無く、すぐに開発に着手できます。作成したソフトウェアのマイコンへの書き込みには、専用のソフトウェアもハードウェアも必要ありません。パソコンからはUSBメモリとして認識されるので、ドラッグアンドドロップでファイルを投入するだけです。このことにより、従来、マイコンなど組み込み機器向けの開発を行った経験の無い開発者でも、比較的容易にBluetooth Smartデバイスの開発が可能です。また、CMSIS-DAPデバッグアダプタを搭載しているため、mbed HRM1017では、従来の開発環境を用いた開発も可能です。

mbed HRM1017

製品の特徴

  • 無線通信チップ:Nordic nRF51822(ARM Cortex-M0コア、Bluetooth v4.1準拠)
  • GPIO:29本(2.54mmピッチ)
  • 電源:USBもしくはピンヘッダ(1.8-3.6V Typ. 3.0V)
  • USB経由でドラッグアンドドロップ書き込み可
  • シリアルターミナル用USBバーチャルCOMポート搭載
  • オフラインでも使えるCMSIS-DAPデバッグアダプタ搭載

Bluetooth Low Energyについて

BLEは、スマートフォンやタブレット、パソコンといった情報機器の多くに標準搭載されている、Bluetoothの最も新しい規格です。BLEの特徴は、従来のBluetoothと比較しても、より低消費電力である点です。ボタン電池1個で複数年に渡る長期間の動作を可能にします。

iPhoneやiPad、一部のAndroid搭載スマートフォンやタブレットがBLEをサポートしています。近年では、万歩計や体重計などのセンサで読み取った値をBLEで送信する製品が発売されており、とりわけiBeaconなどのBLEを用いたビーコンは注目を集めています。

mbedについて

mbed(エンベッド)は、イギリスARM社が提供する、ARMアーキテクチャーのマイクロコントローラーのための無償の開発環境です。プログラミングに必要なツールは全てウェブ上にあるため、従来は必須だった開発環境の構築が必要ありません。パソコンのOSも問いません。エディタ、コンパイラ、ライブラリ、バージョン管理システムが揃っています。

mbed対応開発ボードへのプログラムの書き込みは、USBメモリへのファイルの書き込みだけで完了します。mbed対応開発ボードをUSBケーブルでパソコンに接続すると、パソコンにはUSBメモリとして認識されます。作成したバイナリプログラムはパソコンにダウンロードされます。ダウンロードされたファイルをこのUSBメモリに書き込めば完了です。

nRF51822について

Nordic SemiconductorのnRF51822の特徴の一つに、SoftDeviceアーキティクチャを採用していることが挙げられます。このSoftDeviceアーキティクチャによって、BLEスタック内部の深い知識を要さず、安全でスピーディーな開発が可能となっています。

当社について

スイッチサイエンスは、電子工作用の電子部品を搭載した小さなモジュールを販売する、インターネット上の通信販売店舗です。電子回路を利用して何かを実現したい人のために、そういった人が使いやすいモジュールを輸入または製造して販売しています。

スイッチサイエンスは早期からArduinoの取り扱いを開始し、日本におけるArduinoの普及に貢献してきました。特にArduinoの開発環境ソフトウェアの日本語化をはじめとする国際化の開発過程においては、当社が主要な役割を果たしています。

また近年はmbedやRaspberry Piなど、さまざまな電子工作環境の広がりをサポートするために自社製品の開発も進めています。

販売について

当社ウェブサイト(http://www.switch-science.com/)および当社製品取扱店で販売いたします。

他社の商標について

ARMは、ARM Limited(またはその子会社)のEUまたはその他の国における登録商標です。mbedは、ARM Limited(またはその子会社)のEUまたはその他の国における商標です。 All rights reserved.

Bluetoothは、Bluetooth SIG.Inc,の登録商標です。

TM and © 2014 Apple Inc. All rights reserved. Apple、iPhone、iPad、iBeaconは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。

Android および Android ロゴは、Google Inc.の商標または登録商標です。

その他、本プレスリリースに記載されている会社名および商品、サービス名は、各社の登録商標、または商標です。

この件に関するお問い合わせ

報道関係の方
株式会社スイッチサイエンス 広報担当 牧井(マキイ)までお願いいたします。
Tel: 03-6265-3615, E-mail: marketing@switch-science.com
一般のお客様
お問い合わせ先メールアドレス sales@switch-science.com までお願いいたします。

プレスリリース一覧