プレスリリース

株式会社スイッチサイエンス
2018年9月12日

9月12日よりウェアラブル端末開発プラットフォーム「watchX」を販売開始

株式会社スイッチサイエンス(以下スイッチサイエンス、本社:東京都新宿区、代表取締役:金本茂)は、argeX社の「watchX」を、スイッチサイエンスのウェブショップにて2018年9月12日より販売開始します。

back

watchXはウェアラブル端末の開発に最適な組み立てキットです。メインボードにOLEDディスプレイ、リチウム電池、バンドを組み付けることで腕時計型の端末として使用できます。プログラムを書き込んで使用します。開発環境はArduino IDE、Scratch、Atmel Studioから選択できます。

メインボードには、腕時計として基本的な機能としてブザー、リアルタイムクロック、3つのボタンが実装されています。気圧・温度、加速度・ジャイロ、地磁気センサが実装されており、様々なアクティビティの計測を行うことが可能です。Bluetooth通信モジュールを搭載しているため、スマートフォン等のデバイスとの連携するといった使い方も可能です。

防水機能はなく、本体を保護するケース等も付属しません。ケースが必要な場合、インターネット上公開されているCADデータをダウンロードして、3Dプリントすることができます。

製品情報

型番 商品名 価格(消費税込み)
ARGEX-WATCHX watchX 10,692円

販売について

スイッチサイエンスのウェブショップ(https://www.switch-science.com)にて販売いたします。

当社について

スイッチサイエンスは、テクノロジーを、より多くの人々が道具として当たり前に使える世界を目指して活動しています。具体的には、電子工作用の電子部品を自社で設計、製造、または国内外から調達し、販売する事業を行っています。

近年は、多くの電子部品が小型化され、専門家以外には使いづらくなっています。こういった電子部品を数センチメートル角のプリント基板に搭載したモジュールの形で提供することで、多くの人がテクノロジーを楽しめる環境を作りたいと考えています。

お問い合わせ先

販売について
お問い合わせ先メールアドレス sales@switch-science.com までお願いいたします。
報道関係の方
株式会社スイッチサイエンス 広報担当 安井(ヤスイ)までお願いいたします。
E-mail: press@switch-science.com

プレスリリース一覧