プレスリリース

株式会社スイッチサイエンス
2014年12月5日

スイッチサイエンスが、グループ会社を通じて、教員向けSNS「SENSEI NOTE」を運営する株式会社LOUPEに出資

株式会社スイッチサイエンス(本社:東京都新宿区、代表取締役:金本茂)は、グループ会社を通じて、小中高等学校の教員向けのソーシャル・ネットワーキング・サービス「SENSEI NOTE」を運営する株式会社LOUPE(ルーペ、本社:東京都目黒区、代表取締役:浅谷治希)の第三者割当増資の一部を引き受け、出資を行いました。

senseinote

SENSEI NOTE
https://senseinote.com/

株式会社LOUPE
http://lo-upe.com/

LOUPEが運営するSENSEI NOTEは、全国の小中高等学校の教員に対して、相互のコミュニケーションの場を提供する、利用料金無料のソーシャル・ネットワーキング・サービスです。普段の職場では出会えない他校の教員と知り合い、つながりを作ること、生徒の指導や学校業務といったトピックについて相談し、ノウハウを共有することができます。また、入会希望者の所属を確認した上で登録を行っているので、安全な場所を提供すると同時に、質の高い議論を可能としています。1年以上のベータ版サービスおよび1,000名以上におよぶヒアリングを経て、2014年3月末に正式サービスを開始しました。これまでに約8,000名が登録し、その70%が月に1回以上継続的に利用しています。公開された質問のうち98.3%には回答が付き、質問1件あたりの平均回答数は7.0件という高いアクティビティを維持しています。

当社、スイッチサイエンスは、電子部品を使った工作を簡単にする小型モジュールの製造、輸入、販売を主たる事業としています。近年のいわゆる「メイカー・ムーブメント」を牽引する立場として、重要な役割を担っていると自負しています。半導体製品の発展によって多くの電子部品が微細化複雑化し、専門家以外が取り扱うことが困難になってしまいました。このことが、学生・生徒が電子工学に触れる機会を減らし、理科離れの一因になっていると考えられます。私たちは、製品の供給を通じて、学生・生徒が電子工学に触れる機会を増やし、STEM教育* に貢献したいと考えています。

* STEM教育:科学(Science)、技術(Technology)、工学(Engineering)、数学(Mathematics)に重点を置いた教育を意味します。特に、オバマ政権の米国において推進されてきました。日本でも、その重要性が認識されてきています。

当社は、「先生を支援することによって、学校教育および社会の発展に貢献する」というSENSEI NOTEの理念に強く共感したため、今回の出資を決定しました。その手段は大きく異なりますが、教育と次世代の育成に貢献するという点で、ビジョンを共有しています。

LOUPEがこの増資で調達した資金は、SENSEI NOTEの開発および運用の体制の強化、会員の獲得に使われます。当社は、今回の出資を行うことで資金面の支援を行うとともに、今後は電子工学の観点からの情報提供とカリキュラムの提案を、SENSEI NOTEの会員に向けて行う予定です。

当社について

スイッチサイエンスは、電子工作のための素材を、設計、製造、輸入、販売する事業を行っています。近年は多くの電子部品が小型化され、専門家以外には使いづらくなっています。こういった電子部品を数センチメートル角のプリント基板に搭載したモジュールの形で提供する事で、非専門家による研究、教育、ホビー、アートにおいて、最新の電子部品を利用する事を可能にしています。

株式会社スイッチサイエンス
http://www.switch-science.com/

お問い合わせ先

報道関係の方
広報担当:南原(ナンバラ)
電子メール:marketing@switch-science.com
電話:03-6265-3615
一般のお客様
営業窓口sales@switch-science.com までメールにてお問い合わせください。

プレスリリース一覧