スイッチサイエンスについて

スイッチサイエンスとは

スイッチサイエンスは、最先端のテクノロジーを、より多くの人々が道具として当たり前に使える世界を目指して活動しています。具体的には、電子工作用の電子部品を自社で設計、製造、または国内外から調達し、販売する事業を行っています。

近年は、多くの電子部品が小型化され、専門家以外には使いづらくなっています。こういった電子部品を数センチメートル角のプリント基板に搭載したモジュールの形で提供することで、セロハンテープを使うくらいの感覚で最先端のテクノロジーを使いこなせる環境を作りたいと考えています。

事業について
電子部品を搭載した小さなモジュールを販売する、と言えばシンプルですが、実際の事業の内容は多岐に渡ります。商品の調達の観点で言えば、海外からの輸入、国内での仕入、自社での設計と製造を行なっています。また、お客様が作った作品をお預かりして販売する、販売受託も行なっています。商品の販売の観点で言えば、ウェブでの通信販売、アマゾンマーケットプレイスでの販売、法人向けの掛売り、同業者様への卸売、海外への輸出を行なっています。
海外からの輸入では、イタリアArduino製品、米国SparkFun社製品、米国Digi International社製品が大きな部分を占めています。特に、Arduino製品については、ごく初期から日本国内への紹介を行い、現在でも日本国内の主たる正規代理店として、さらなる普及に力を入れています。
需要が少ない商品でも多品種取り揃えたいという必要から、自社による製造方法を開拓してきました。もちろん、家電製品などの製造を請け負うような実装工場には及びも付きませんが、最近では、一定した品質の製品を10個~100個という極小ロットで製造する事が可能となっています。この点では、当社は小さいながらも製造業でもあります。

事業について

電子部品を搭載した小さなモジュールを販売する、と言えばシンプルですが、実際の事業の内容は多岐に渡ります。商品の調達の観点で言えば、海外からの輸入、国内での仕入、自社での設計と製造を行なっています。また、お客様が作った作品をお預かりして販売する、販売受託も行なっています。商品の販売の観点で言えば、ウェブでの通信販売、アマゾンマーケットプレイスでの販売、法人向けの掛売り、同業者様への卸売、海外への輸出を行なっています。

海外からの輸入では、イタリアArduino製品、米国SparkFun社製品、米国Digi International社製品が大きな部分を占めています。特に、Arduino製品については、ごく初期から日本国内への紹介を行い、現在でも日本国内の主たる正規代理店として、さらなる普及に力を入れています。Arduino IDE(Arduinoを使うのに必要なパソコン用ソフト)に含まれている、日本語を含む多言語化の機能は、当社が寄贈したものです。

需要が少ない商品でも多品種取り揃えたいという必要から、自社による製造方法を開拓してきました。もちろん、家電製品などの製造を請け負うような実装工場には及びも付きませんが、最近では、一定した品質の製品を10個~100個という極小ロットで製造する事が可能となりました。この点では、当社は小さいながらも製造業でもあります。

歴史について

当社の歴史は、2008年に、創業者兼現社長である金本が、Arduinoを個人的に輸入した所から始まりました。単に1個だけ買ってくるのでは、送料がもったいないので、少し多めに買って欲しい人に分けようと考えました。当社の場所は、当初は金本宅のクローゼットの中の「アマゾン箱」、2008年秋には近所の6帖一部屋のマンション、2009年春には20㎡くらいのマンション、2010年春には中学校の建物を改装した建物、2013年冬には現在の場所に移りました。

当初は、金本が所有している別の会社の一部門でしたが、2010年1月に分離独立しました。現在は、金本他数名が所有する「株式会社スイッチイノベーションズ」という持ち株会社の配下の事業会社のひとつです。