iot
category
sns
新商品やニュースなどいろいろな情報を配信しています。

M5Stack UnitV2 カメラなし USB版

Linuxで動作する高性能AI認識モジュールです。カメラは搭載されていませんが、アプリケーション、ハードウェアリソース、開発ツールが豊富で、そのままでAI開発が簡単かつ効率よく行えます。本体のUSBコネクタにUVCカメラを接続して使用することができます。

M5Stack UnitV2 AI カメラのカメラなしバージョンです。

SigmaStar社 SSD202D (ARM Cortex-A7デュアルコア1.2 GHz)をコアに採用、128 MB DDR3メモリ、 512 MB NANDフラッシュ、2.4 GHz Wi-FI、冷却ファンを搭載しています。

そのままで使えるAIアプリケーション

  • UnitV2にはM5Stack開発の簡単に使えるAI認識アプリケーション(顔認識、物体追跡、色追跡、形状認識、バーコード認識、その他一般的な機能など)を内蔵、ユーザーがオリジナルのAIアプリケーションを素早く構築できるようにします。
  • スタンドアローンでプラグアンドプレイ!UnitV2はUSB LAN内蔵で、USB-CインターフェースでPCに接続すると自動的にネットワーク接続を確立します。接続型式の自由度が高く、Wi-Fi経由でも接続及びデバックが可能です。
  • 認識されたコンテンツはすべてUARTシリアル通信経由で自動的に出力されるので(JSON形式)、呼び出しに便利です。

効率の良い開発

  • Linuxシステムと各種周辺機器をベースにしており、さまざまな開発ツールと互換性があります。SSHによるアクセスで、ハードウェアリソースを完全に制御でき、M5Stack社のV-Training(AIモデルトレーニングサービス)でカスタムな認識モデルを簡単に構築できます。

ソフトウェアサポート

  • ファームウェアの新しいバージョンをmicroSDカードで簡単にアップデートできます。

特徴

  • SigmaStar SSD202D
  • ARM Cortex-A7デュアルコア 1.2 GHz(Neon、FPU内蔵)
  • 128 MB DDR3 メモリ
  • 512 MB NANDフラッシュメモリ
  • USB-Aユニバーサルインターフェース、各種UVCカメラに接続可能
  • Wi-Fi 2.4 GHz
  • 開発方法
    • 12通りのAI画像機能を搭載 : QRコード、顔検出、ライントラッキング、動き、形状マッチング、画像ストリーミング、分類、カラートラッキング、顔認識、ターゲットトラッキング、形状検出、カスタムオブジェクト検出
    • オンラインプレビュー、UIFlow(シリアルポートjson形式として使用)をサポート
    • Linux システム(OpenCV、SSH、JupyterNotebook)

内容物

  • 1 x M5Stack UnitV2
  • 1 x 16 g TFカード
  • 1 x USB-Cケーブル(50 cm)
  • 1 x ブラケット
  • 1 x 背面クリップ

用途

  • アクセス制御
  • ホームオートメーション
  • 占有監視
  • ニューリテールビジネス
  • 産業/マシンビジョン
  • 倉庫管理/物流

仕様

項目 パラメータ
Sigmstar SSD202D Arm Cortex-A7デュアルコア 1.2 GHz(Neon、FPU内蔵)
フラッシュ 512 MB NAND
RAM 128 MB DDR3
電源 5 V @ 500 mA
周辺機器 USB-C x 1、UART x 1、TFカードスロット x 1、ボタン x 1、
マイクロフォン x 1、冷却ファン x 1
インジケータLED 赤、白
Wi-Fi 150 Mbps 2.4 GHz 802.11 b/g/n
イーサネットカード SR9900

資料


製造元希望小売価格:65.00ドル
製造元の販売ページ:http://www.m5stack.com/product/...

2022年4月11日更新
Name M5Stack UnitV2 カメラなし USB版
Code M5STACK-U078-USB
SKU# 7534
Shipping 650
税込単価 9,471 JPY
数量
在庫 多数 (即日出荷可能)
次回入荷
短縮URL ssci.to/7534
公開日 2021年12月16日