iot
category
sns
新商品やニュースなどいろいろな情報を配信しています。

SparkFun MicroMod(STM32)

本小型プロセッサボードは、最小限の作業スペースでパワーが必要な場合に経済的で開発が簡単となるプラットフォームです。M.2 MicroModコネクタ付きで、簡単にSTM32プロセッサが接続できます。プロセッサのベベル付きエッジ上のキーをM.2コネクタ上のキーに合わせて、キャリアボード全てに付属のネジで締め付けます。

STM32F405プロセッサは、高性能なArm Cortex-M4 32ビット RISC コアをベースにしており、最大クロック168 MHzで動作します。単精度浮動小数点ユニット(FPU)を搭載、ARMの単精度データ処理命令全てをサポートします。また、DSP命令フルセット、メモリ保護ユニット(MPU)を実装、アプリケーションのセキュリティを改善します。本製品はプログラム書き込み用のDFUブートローダーを搭載し、I/Oとペリフェラルを幅広く引き出しています。STM32F405プロセッサを補うため、ボード裏面には、128 Mビット(16 Mバイト)のシリアルフラッシュRAMも追加しました。

MicroModとは

MicroModは、M.2コネクタを利用して、マイクロコントローラーの「プロセッサーボード」をさまざまな「キャリアボード」周辺機器に接続するモジュラーインターフェイスエコシステムです。

STM32の特徴

  • Arm 32ビット Cortex-M4 CPU、FPU内蔵
  • アダプティブリアルタイムアクセラレータ(ART Accelerator)
    フラッシュメモリからウェイトなしで実行可
  • 最大周波数168 MHz
  • メモリ保護ユニット
  • 210 DMIPS/ 1.25 DMIPS/MHz (Dhrystone 2.1)
  • DSP 命令
  • フラッシュメモリ 1 MB
  • SRAM 192 Kバイト(コア結合メモリのデータRAM 64 Kバイトを含む)
  • 柔軟なスタティックメモリコントローラ(コンパクトフラッシュ、SRAM、PSRAM、NOR、NANDメモリ対応)
  • クロック、リセット、電源管理
  • 1.8 ~ 3.6 V アプリケーション電源と I/O
  • RTC用32 kHz オシレータ、キャリブレーション付き
  • キャリブレーション用内蔵32 kHz RC
  • 低電力動作
  • スリープ/ストップ/スタンバイモード
  • デバッグモード
  • シリアルワイヤデバッグ(SWD)、JTAGインターフェース
  • Cortex-M4 内蔵トレースMacrocell
  • 高度な接続性
  • USB 2.0 フルスピード デバイス/ホスト/OTG コントローラ(オンチップPHY付き)
  • USB 2.0 ハイスピード/フルスピード デバイス/ホスト/OTG コントローラ(専用DMA、オンチップフルスピードPHY、ULPI)
  • 10/100 Ethernet MAC(専用DMA、IEEE 1588v2ハードウェア 対応, MII/RMII)

MicroMod STM32で利用可能な専用ペリフェラル

  • UART
  • 2 x I2Cバス
  • SPI バス
  • PDM オーディオ処理
  • 2 x 専用アナログ入力、15 x アナログ入力対応
  • 2 x 専用デジタル I/Oピン
  • 2 x 専用PWMピン、24 x PWM対応
  • 9 x 汎用I/Oピン

資料


製造元希望小売価格 : 14.95ドル(税抜き)
製造元の販売ページ : https://www.sparkfun.com/products/...

2021年8月24日更新
Name SparkFun MicroMod(STM32)
Code SFE-DEV-17713
SKU# 7404
Shipping 200
税込単価 2,093 JPY
数量
在庫 多数 (即日出荷可能)
次回入荷
短縮URL ssci.to/7404
公開日 2021年8月24日