iot
category
sns
新商品やニュースなどいろいろな情報を配信しています。

Qwiic - LSM6DSO搭載 6DoFモジュール

加速度センサとジャイロセンサに9 KB FIFOバッファと組み込みプロセス割り込み機能がついたブレイクアウトボードです。高性能で安価な慣性計測装置(IMU)LSM6DSOを搭載しています。用途に合わせて柔軟に設定が可能な設計です。衝撃、傾き、動き、タップ、歩数、温度の計測などが可能です。

STMicroelectronics社のLSM6DSOが加速度とジャイロのデータを最大6.66 kHzで計測することで、より正確な動きの検出が可能です。搭載の9 KB FIFOにより、他のセンサのホストや割り込みピンの動作も行えます。Qwiicシステムに対応しているため、他のシステムとの接続にハンダ付けは必要ありません。ブレッドボードと使用する場合にそなえて2.54ミリピッチのピンも用意されており、また、ボード片面には電源、I2C、SPI機能、もう片面には外部機能コントロール用ピン、割り込み出力を備えています。

本製品は3.3 Vで動作するため、3.6 V以上の電圧を供給するとICが破損するおそれがあります。5 Vで動作する開発プラットフォームでの使用にはロジックレベルシフタが必要です。

Qwiicシステムとは

Qwiicシステムはプロトタイピングを迅速かつ簡単に行える、I2Cのセンサやアクチュエータ、シールド、ケーブルのエコシステムです。

また、全てのQwiicボードには1 mmピッチ、4ピンのJSTコネクタを使用しているため小さく収まり、かつ分極化しているため接続を誤ることもありません。

特徴

  • 2 x Qwiicコネクタ
  • I2Cアドレス : 0x6B(デフォルト)、0x6A
  • 加速度センサ計測範囲 : ±2/±4/±8/±16 g フルスケール
  • ジャイロセンサ計測範囲 : ±125/±250/±500/±1000/±2000 dps フルスケール
  • 温度センサ : 解像度16-bit
  • 動作電圧範囲 :
    • 1.71 V〜3.6 V
    • Qwiicケーブルの使用には通常3.3 V
  • 消費電力@1.8 V
    • 0.55 mA(コンボ ハイパフォーマンスモード)
    • 0.265 mA(コンボ ローパワーモード)
  • 「常にオン」状態では加速度センサ、ジャイロセンサともに低消費電力
  • メインプロセッサデータ同期機能つきのI2C/SPIシリアルインターフェース
  • 機能セットに基づく最大 9 kbyteのスマート FIFO
  • 動作温度範囲 : -40°C〜85°C


資料


製造元希望小売価格:11.95ドル(税抜)
製造元の販売ページ:https://www.sparkfun.com/products/...

2021年6月3日更新
Name Qwiic - LSM6DSO搭載 6DoFモジュール
Code SFE-SEN-18020
SKU# 7182
Shipping 200
税込単価 1,374 JPY
数量
在庫 5 (即日出荷可能)
次回入荷
短縮URL ssci.to/7182
公開日 2021年6月3日