international
category
sns
新商品やニュースなどいろいろな情報を配信しています。

SparkFun Auto pHAT for Raspberry Pi

Raspberry Pi や他のシングルボードコンピュータ用のオールインワンのロボットパッケージです。小型DCモーター(エンコーダー付きまたは無し)を2個、サーボモーター4個まで、I2C接続経由で簡単に駆動できます。

サーボ制御は、SparkFun Pi Servo HATベースで、I2C接続のおかげでこのPWMアドオンはRaspberry PiのGPIOピンを節約し、別の目的に使うことができます。また、Qwiicシステムを使ってI2Cバスでインターフェースを簡単にするQwiicコネクタも装備されています。本製品は、2x20 GPIOのあるボードならRaspberry Pi、NVIDIA、Jetson Nano、Google Coral、その他のシングルボードコンピュータどれでも、ユニークなロボット機能が追加できます。

DCモーター制御はQwiic - モータードライバモジュールで使われているのと同じ4245 PSOC と 2-チャネルモーターポートシステムを使用しています。チャネル当たり1.2 Aの定常状態(ピーク1.5 A)をドライブでき、DCドライブ能力は127レベルあり、オンボードのATTINY84Aでモーターエンコーダー2個までをサポートし、正確な動きを提供します。

また、 ICM-20948 9DOF IMUを搭載しているので、モーションセンシングのあらゆる要求に対応し、ロボットは、選択可能な距離範囲が四つある3軸ジャイロスコープと3軸加速度計、フルスケールが±4900 µTの3軸磁力計が利用できます。

本製品への電源はUSB-C コネクタまたは外部電源で供給できます。これはモーターのみ、またHATに接続されたRaspberry Piにも給電します。USB-C コネクタは、Piのセットアップ用のモニタとキーボードが不要となるように、シリアルポート経由でPiと接続するために使うこともできます。設計には電源へのダメージを回避するための電源保護回路も追加されています。

特徴

  • Qwiicライブラリでプログラム可能な4245 PSOC と2チャネルのモーターポート
  • DCモーターエンコーダ2個まで対応するATTINY84Aを搭載
  • RPiからの5 Vパススルー
  • Qwiicライブラリから利用可能なモーションセンシング用の9自由度IMUのICM-20948 を搭載
  • サーボ4個までのPWM制御
  • 完全なSparkFun Qwiicシステムへの拡張用Qwiicコネクタ
  • ヘッダをフルサポートし、上にpHATを追加できるスタッキング用の設計
  • RPi カメラコネクタとディスプレイコネクタが使用可能
  • 5 V 電源レール給電用のUSB-C (モーター/サーボ/Piへの給電)
  • PTHヘッダによる外部電源入力

資料

製造元希望小売価格:$29.95(税別)
製造元の販売ページ:https://www.sparkfun.com/products/16328

2020年6月1日更新
Name SparkFun Auto pHAT for Raspberry Pi
Code SFE-ROB-16328
SKU# 6371
Shipping 200
税込単価 4,193 JPY
数量
在庫 多数 (即日出荷可能)
次回入荷
短縮URL ssci.to/6371
公開日 2020年6月1日