international
category
sns
新商品やニュースなどいろいろな情報を配信しています。

Qwiic - ADS1015搭載 12ビット ADC - 4チャンネル

QwiicコネクタからI2C通信で制御できる4チャンネルの12ビットADコンバータです。シングルエンド入力、あるいは差動入力として使用することが可能です。また、アナログ電圧の小さな変化を増幅できるプログラマブルゲインアンプを備えています(ただし入力範囲と分解能に影響があります)。

Qwiicシステムを利用するとはんだ付けせずに接続できますが、ブレッドボードでも使用できるよう、2.54 mmピッチのピンも用意されています。

ADS1015は、測定用に独自の内部電圧リファレンスを使用していますが、ユーザ用にGNDと3.3 Vのリファレンスもピン配置されています。スクリューターミナルを備えているので、4チャンネルのADC入力は、はんだ付けが必要ありません。ボード裏のアドレスジャンパを使って四つのI2Cアドレスから一つを選択し、同じI2Cバス上にボードを最大四つ接続することで、16チャンネルのADCを増設することが可能です。

A3チャンネルには10 KΩの可変抵抗が付いており、初期設定のテストや単純な変数入力の使用に便利です。また、A3のみの独立したジャンパも用意されています。

Qwiicシステムとは

Qwiicシステムには、I2Cのセンサ、アクチュエータ、シールドとケーブルが全て揃っているので、プロトタイプがより迅速かつ簡単にできます。

また、全てのQwiicボードには1 mmピッチ、4ピンのJSTコネクタを使用しているため、小さく収まり、分極化しているため、接続を誤ることもありません。

特徴

  • ADS1015
    • 動作電圧(VDD):2.0~5.5 V
      (注:Qwiicケーブルで電源供給する場合、入力は3.3 Vのみ)
    • 動作温度:-40℃〜125℃
    • 動作モード:シングルショット、連続変換(デフォルト)、デューティ比
    • アナログ入力
      ・ 測定タイプ:シングルエンド(デフォルト)
      ・ 入力電圧範囲:GND〜VDD
      ・フルスケールレンジ(FSR):±0.25 V〜±6.114 V(デフォルト:2.048 V)
    • 分解能
      ・12 bit(差動)/ 11 bit(シングルエンド)
      ・ LSBサイズ:0.125〜3 mV(デフォルト:1 mV)
    • サンプルレート:128 〜3.3 kHz(デフォルト:1600 SPS)
    • 消費電流(標準):150〜200 μA
    • I2Cアドレス:0x48(デフォルト)、0x49、0x4A、0x4B
  • スクリューターミナル(はんだ付け不要)
  • 固有のI2Cアドレス × 4
    • 0x48
    • 0x49
    • 0x4A
    • 0x4B
  • 二つのQwiicコネクタ
  • 10 KΩ半固定抵抗

資料

製造元希望小売価格:9.95ドル(税別)
製造元の販売ページ:http://www.sparkfun.com/product/…

file

file

2019年8月6日更新
Name Qwiic - ADS1015搭載 12ビット ADC - 4チャンネル
Code SFE-DEV-15334
SKU# 5722
Shipping 150
税込単価 1,555 JPY
数量
在庫 7 (即日出荷可能)
次回入荷
短縮URL ssci.to/5722
公開日 2019年8月5日