international
category
sns
新商品やニュースなどいろいろな情報を配信しています。

OpenMV H7カメラ

OpenMVカメラ M7の新バージョンです。SoCが更新され全体的に性能が向上しています。

小型で低電力のカメラ搭載マイコンボードです。単なる写真の撮影だけでなく、顔検出や画像フレームの差分、視線やマーカの追跡、QRコードの検出 / デコードなど、アプリケーションと連携して多くの機能が利用可能です。

MicroPythonの作法に則ったPythonスクリプトによるプログラミングが可能です。マシンビジョン(MV)のアルゴリズムの複雑な出力や、高度なデータ構造を扱うことが容易です。I/Oピンを含めPythonで完全に制御できるので、外部イベントをトリガーにした写真撮影、ビデオ撮影や、マシンビジョンのアルゴリズムでI/Oピンを容易に制御することが可能です。

取り外し可能なカメラモジュールの搭載により、グローバルシャッターやサーマルカメラを組み込むことも可能になりました。

特徴

SoC:STM32H743VI ARM Cortex M7

  • 400 MHz
  • 1 MBのRAMと2 MBのフラッシュメモリを搭載
  • I/Oピン: 3.3 V出力(5 Vトレラント)

I/O インタフェース

  • Full Speed USB(12 Mbps)インタフェース:パソコンに接続するとOpenMVカメラは仮想COMポートとUSBフラッシュドライブとして認識されます。
  • 100 Mbps Read / Write 仕様のmicroSDカードソケット:OpenMVカメラがビデオを録画し、microSDカードからマシンビジョンのアセットを容易に活用することができます。
  • 最大100 Mbpsで動作可能なSPIバスで、システムからの画像データをLCDシールド、WiFiシールド、または別のマイクロコントローラのいずれかに簡単に流すことができます。
  • 他のマイクロコントローラおよびセンサのインタフェース用のI2Cバス、CANバス、非同期シリアルバス(TX / RX)
  • 12 bit ADCと12 bit DAC
  • サーボ制御用の三つのI / Oピン
  • 10箇所あるI/Oピンすべてで割り込みとPWMが可能
  • RGB LEDと二つのハイパワー850 nm IR LED

取り外し可能なカメラモジュール:OV7725

  • 640 × 480で8 bitのグレースケール、もしくは640 × 480で16 bitのRGB565、解像度が320 × 240以上なら60 FPS、それ以下なら120 FPSでキャプチャが可能、最も単純なアルゴリズムでは60 FPSでキャプチャが可能です。
  • 標準のM12レンズマウントに、2.8 mmレンズを搭載(必要に応じて交換可能)

バッテリーコネクタ

  • 標準的な 3.7 Vのリチウムイオンポリマー電池(LiPo電池)が接続可能なコネクタ

内容物

  • 1 × OpenMV H7カメラ本体
  • 2 × 8ピンヘッダ
  • 2 × 8ピン足の長いピンソケット

資料

製造元希望小売価格:65.00ドル(税別)
製造元の販売ページ:http://www.sparkfun.com/product/…

file
file

2019年9月18日更新
Name OpenMV H7カメラ
Code SFE-SEN-15325
SKU# 5537
Shipping 150
税込単価 10,400 JPY
数量
在庫 多数 (即日出荷可能)
次回入荷
短縮URL ssci.to/5537
公開日 2019年6月12日