international
category
sns
新商品やニュースなどいろいろな情報を配信しています。

GROVE - IMU 9DOF(ICM20600 & AK09918)

ジャイロスコープ、加速度計、電子コンパスを組み合わせた9自由度IMU(慣性計測装置)で、運動と位置の情報によるシステムを構築できます。3つの機能を実装するのにLCM20600 + AK09918の2つのチップを使用します。

LCM20600 は、3軸ジャイロスコープと3軸加速度計を組み合わせた6軸モーショントラッキング用デバイスです。ジャイロスコープは、方位や角速度を測定し、それを維持するのに使用される装置で、通常は回転やねじれを測ります。AK09918は、高感度ホールセンサ技術を採用した3軸電子コンパスのICで、磁力を測定し、方位についての情報を提供します。

この小型のモジュール一つで、9つの自由度 : x/y/z軸の角回転、x/y/z軸の加速度、およびx/y/z軸の磁力を測定できます。

特徴

  • ±250 dps、±500 dps、±1000 dps、および±2000 dpsのプログラマブルFSRを備えた3軸ジャイロスコープ
  • ±2 g、±4 g、±8 g、および±16 gのプログラマブルFSRを備えた3軸加速度センサ
  • 0.15 μT/LSB(typ.)の感度を持つ3軸電子コンパス
  • ユーザによるプログラムが可能な割り込み機能
  • 加速度測定用の16ビット分解能ADCおよびプログラム可能なフィルタ
  • 磁気測定用の16ビット分解能ADC
  • バースト時にアプリケーションプロセッサがデータ読み取り可能となる1 KBのFIFOバッファ(LCM20600)
  • 内蔵温度センサ
  • 磁気センサオーバーフローモニタ機能
  • 内部クロックソース用の内蔵発振器

仕様

  • 寸法 : 40 mm x 20 mm x 10 mm
  • 重量 : 9 g
  • 動作電圧 : 3.3 V / 5 V
  • 動作温度-30°C〜+85°C
  • ジャイロスコープのフルスケールレンジ : ±250 dps、±500 dps、±1000 dps、±2000 dps
  • ジャイロスコープ感度スケールファクタ : 131 LSB/(dps)@±250 dps; 65.5 LSB/(dps)@±500dps; 32.8 LSB/(dps)@±1000 dps; 16.4 LSB/(dps)@±2000 dps
  • 加速度計のフルスケールレンジ : ±2 g、±4 g、±8 g、±16 g
  • 加速度センサ感度スケールファクタ : 16384 LSB/g @ ±2 g、8192 LSB/g @ ±4 g、4096 LSB/g@±8 g、2048 LSB/g @±16 g
  • 磁気センサ測定レンジ : ±4912μT(標準)
  • 磁気センサ感度 : 0.15μT(標準)
  • インタフェース : I2C
  • I2C アドレス
    • LCM20600 : 0x69(default) 、0x68(optional)
    • AK09918 :0x0C

内容物

  • 本体ボード
  • GROVEケーブル

資料

製造元希望小売価格:9.90ドル(税別)
製造元の販売ページ:http://www.seeedstudio.com/product/…

file

file

2019年9月18日更新
Name GROVE - IMU 9DOF(ICM20600 & AK09918)
Code SEEED-101020585
SKU# 5346
Shipping 150
税込単価 1,155 JPY
数量
在庫 多数 (即日出荷可能)
次回入荷
短縮URL ssci.to/5346
公開日 2019年4月10日