international
category
sns
新商品やニュースなどいろいろな情報を配信しています。

CT Sensor Shield 2

本商品をお買い上げいただいたお客様の情報は、ローム及びロームのグループ会社と共有をさせていただきます。購入の際は、この点ご了承下さい。


Lazurite 920Jと、市販のクリップ式CTセンサ(電流センサ)を接続するための中継機板です。CT Sensor Shieldと違い、920J専用となったことでサイズの小型化を実現しています。また搭載の蓄電用コンデンサにより、用途にもよりますが電源レスでの利用も可能です。

例えば、30 Aまで計測できるSparkFun社のSEN-11005を用いた場合、20 mA~30 Aまで測定することが可能です。

LazuriteとCTセンサによるセンサノードを構成することで、測定した電流変動のデータを920 MHz帯域無線通信で、ゲートウェイに送信することができます。

CTセンサが出力する交流の電流信号は、CTセンサに搭載されている整流回路で整流します。そして、整流回路が出力する電流値を470 uFのコンデンサにチャージすることで、電流を電圧に変換し、その結果をADコンバータで内部に取り込むことで測定を行います。詳細は「CTセンサ電流測定方法」を参照してください。

※本基板はArduino Uno R3互換の端子配置を有しており、計測用のライブラリを移植することでArduinoを使用した電流モニタリングも可能です(当社ではサポートいたしません)。

仕様

  • 測定可能な電流値:CTセンサの出力が0~150 mA程度まで測定可能です(1000:1のセンサの場合は、150 Aまで測定可能)。
  • 精度:CTセンサシールド2はキャリブレーション等を行っていません。470 uAのコンデンサの精度、及び測定時の電源電圧の影響で誤差が生じます。

資料

2019年8月21日更新
Name CT Sensor Shield 2
Code LAZURITE-CTSS-2
SKU# 3818
Shipping 150
税込単価 6,380 JPY
数量
在庫 1 (即日出荷可能)
次回入荷
短縮URL ssci.to/3818
公開日 2018年4月24日