international
pcborder
category
sns
新商品やニュースなどいろいろな情報を配信しています。

動きセンサデバイス

動きセンサデバイスは可視光強度の差分変化を計測し動きを検出するセンサデバイスです。差分変化をアナログ回路とマイコンのデジタル処理の組み合わせで実現して感度を高め、専用ケースに組み込んで判別精度を向上させています。

検出はLED点灯やIO出力及びシリアル出力で確認することができます。

焦電センサなどでは検知できない窓ガラス内側からも検知できるので、屋内のショーウィンドゥ内に設置すると面白いです。

特徴

  • 簡単なアナログ回路(トランジスタ回路)+ATTINY85マイコン処理で検出します。
  • 電圧は3 V~5 Vまで可能です。(マイクロUSB給電で独立動作可能) 
  • 受光センサの精度を上げるために黒ケースに組み込みました。
  • 単独でも動作可能です。
  • 従来の焦電型センサでは反応しない窓ガラス越しでも反応できます。(但し屋内のみ)
  • ケースサイズ 50 mm×60 mm×20 mm+ピンの長さ(厚みはケースのみでIC及びIOピンが5 mm程はみ出ます)

デモ動画

内容物

file

内部基板

file

file

動作例

file

注意

  • 光の弱い環境では反応しません。何らかの光の反射や投射変化がある環境での使用が前提です。
  • 出力部はピンコネクタ形式になっています。
  • 電源用マイクロUSBケーブルは別途用意してください。
  • 屋外では使えない場合があります。
  • 指示アクリルパネルは付属しません。

資料

のるLABさんからの受託販売商品です。輸送上の問題は当社が責任を負います。技術的なご質問には、当社ではお答えできません。上記技術資料のページなどをご参照の上、ご自身で解決していただく必要があります。

2018年7月4日更新
Name 動きセンサデバイス
Code NORULAB-008
SKU# 3801
Shipping 500
税込単価 4,800 JPY
数量
在庫 7 (即日出荷可能)
次回入荷
短縮URL ssci.to/3801
公開日 2018年4月17日