international
pcborder
category
sns
新商品やニュースなどいろいろな情報を配信しています。

BLE無線サーボコントローラ BLEServo(基板のみ)

スマートフォンなどに搭載されている、Bluetooth Low Energy(Bluetooth 4.0、以下BLE)の無線サーボコントローラです。2バイトの位置データを送るだけでラジコンサーボをスマホなどから簡単に操作することができます。

詳しい利用方法などはサポートページを参照ください。

本製品はケースやACアダプタが付属しない、基板のみの製品です。本装置は電波で通信するモジュールですので、アルミケースなどの電波を遮断するものに入れての使用はできません。ケースに入れる際には、ケースの素材が電波を通すもの(プラスチック、木など)にしてください。

特徴

  • ID切り替え16種類
    • 本装置は基板上のジャンパ設定でSSIDを物理的に16種類に変更することができ、狭い範囲で複数の測定を行うことができます。Bluetooth Low Energyの個別識別はたとえばMACアドレス(Bluetooth Low Energy装置は個別に6バイトの値が割り振られている)で判断するなどもありますが、たとえばiOSの場合はMACアドレスをアプリに渡さないなどありますので、SSIDでの個体識別が確実な方法です。
  • ラジコンサーボをコントロール
    • 数値で位置を指定するだけでラジコンサーボをコントロールです。また、500~2500μSのパルス幅を設定できるので、市販のほとんどのサーボに利用できます。
  • iPhoneとの通信
    • 従来は、Bluetooth 2 xや3 x、有線通信で外部機器とiPhoneをつなぐ場合には、Apple社とMFi契約を結ぶ必要がありましたが、Bluetooth Low Energyからはこの契約は不要となりました。iPhoneでBluetooth Low Energyに利用できるのはiPhone 4S以上です。そのため、このモジュールはiPhone 4S以上のiPhone端末であれば、自由に外部機器を作ることが可能です。
  • 日本国内の電波法に準拠
    • 無線装置を使用する場合はその国の法律に基づいて使う必要があり、日本国内の場合は技術基準適合証明及び認証を受けいていない無線機を使うことはできません。本モジュールは日本国内の技術基準適合証明及び認証(通称TELEC)を受けており、安心して使うことができます。
  • 注意
    • Bluetooth Low Energyはよく「ボタン電池で一年間」などのうたい文句がありますが、それは無線以外の全ての電子部品も低消費電力に設計した場合です。本製品は"凡用"入出力のため、低消費電力設計ではありません(そのかわり、使い方が比較的簡単です)。

特徴

  • 電源電圧:+4.5~15.0 V(ラジコンサーボの電源に合わせてください)
  • 消費電流:使用する状況により依存(無線部のみは待機時3 mA、送信時10 mA)
  • ラジコンPWM:パルス幅500μS~2500μSで設定可能
  • BT仕様:Ver4.0 Single Mode(Bluetooth SMART)
  • 無線周波数: 2.402-2.480 GHz
  • GAPロール:ペリフェラル
  • GATTロール:サーバ
  • 適合:TELEC、FCC、CE
  • 寸法:32 x 84 x 9 (H) mm
  • 重量:10 g

資料

有限会社浅草ギ研さんからの受託販売商品です。輸送上の問題は当社が責任を負います。技術的なご質問には、当社ではお答えできません。 上記技術資料のページなどをご参照の上、ご自身で解決していただく必要があります。

2017年6月9日更新
名前 BLE無線サーボコントローラ BLEServo(基板のみ)
コード番号 ASAKUSAGIKEN-004
SKU# 3306
送料区分 150
税込単価 4,320
数量
在庫 9 (即日出荷可能)
次回入荷
短縮URL ssci.to/3306
公開日 2017年6月8日