international
pcborder
category
sns
新商品やニュースなどいろいろな情報を配信しています。

IoTシステム開発スタートアップ プロトタイプで全レイヤをつなぐ

本格的なIoTシステム開発の方法・手順を指南します!

IoTシステムといっても、産業系、家電系、農業系、防災・防犯系・・・と千差万別。本当に様々なソリューションがあります。本書では、その中でも監視系に特化した、鳥害対策システムをプロトタイプと設定し、具体的なIoTシステムをデバイスのレイヤ、ネットワークのレイヤ(フィールド層)、そしてデータ解析(プラットフォーム層)とセキュリティ(オペレーション層)のレイヤまで「一気通貫に」作成します。

第Ⅰ部 IoTシステム実現のための基礎知識

  • 1章 そもそも「IoTシステム」とは?
    • 1.1 IoTの定義
    • 1.2 IoTが注目される技術的背景
    • 1.3 IoT活用が期待される分野
  • 2章 IoTシステムの活用方法
    • 2.1 まずIoTシステムの活用モデルを知っておこう
    • 2.2 IoTシステムの活用ストーリーを描いてみよう
    • 2.3 IoT 標準化団体とそのアーキテクチャの動向
  • 3章 IoTシステムを実現するためのアーキテクチャ
    • 3.1 IoTシステムの基本アーキテクチャを理解しておこう

第Ⅱ部 IoTシステムコンポーネントの実現方法

  • 4章 フィールド層の実装
    • 4.1 フィールド層の全体構成
    • 4.2 人感センサーとArudino UNO の接続
    • 4.3 Bluetooth LE による通信
    • 4.4 IoT ゲートウェイの設定
    • 4.5 クラウドの設定と利用法
  • 5章 プラットフォーム層の実装
    • 5.1 プラットフォーム層のシステム構成
    • 5.2 開発環境の準備
    • 5.3 「教師データ」用初期画像の収集
    • 5.4 アノテーションデータベースの作成
    • 5.5 害鳥検出モデルの作成
    • 5.6 害鳥検出システムのセットアップ
    • 5.7 害鳥撃退システムへのヒント(本章のまとめ)
  • 6章 オペレーション層の実装
    • 6.1 IoTセキュリティをとりまく動向
    • 6.2 IoTセキュリティの特徴
    • 6.3 IoTセキュリティ設計のプロセス
    • 6.4 IoTセキュリティのこれから

資料


  • 吉澤 穂積・下拂 直樹・松村 義昭・吉本 昌平・高橋 優亮・山平 哲也 著
  • B5変形判:280ページ
  • 定価:2,600円+税
  • ISBN:978-4-86594-094-7
  • 2017年5月上旬刊行
  • 出版社商品ページ
2017年5月10日更新
名前 IoTシステム開発スタートアップ プロトタイプで全レイヤをつなぐ
コード番号 RIC-1094
SKU# 3279
送料区分 150
単価 2,808
数量
在庫 多数
短縮URL ssci.to/3279
公開日 2017年5月10日