international
pcborder
category
sns
新商品やニュースなどいろいろな情報を配信しています。

FreeSoC2 Development Board - PSoC5LP

FreeSoc2は、PSoC5LPをArduinoのように開発できるマイコンボードです。5V、3.3V両対応。

標準のArduino IDEから開発が可能です。Arduino Uno R3とピン配置を揃えてあるので、周辺機器、シールド、ライブラリ、サンプルスケッチが利用できます。PSoCなのでピンアサインを自由に決めることができますが、その場合には上記の限りではありません。ご注意ください。

また、全ての機能を使うためには、Cypress Semiconductorが提供する、無償の開発環境PSoC Creator IDE(Windows専用)が必要です。

特徴

この基板にはCY8C5868LTI-LP039とCY8C5888AXI-LP096の二つのPSoC5LPが搭載されていますが、CY8C5868LTI-LP039はアプリケーションコードの書込時に、CY8C5888AXI-LP096のデバッガー/プログラマーとして機能します。

両チップとも、

  • Cortex-M3コア
  • 256KBフラッシュメモリ
  • 64KB SRAM
  • 2KB EEPROM

という共通点がありますが、引き出せるGPIOの数と動作周波数が下記のとおり異なります。

型番 動作周波数 GPIO
CY8C5868LTI-LP039 67MHz 48本
CY8C5888AXI-LP096 80MHz 72本

資料

製造元希望小売価格:49.95ドル
製造元の販売ページ:https://www.sparkfun.com/products/...

2017年4月20日更新
名前 FreeSoC2 Development Board - PSoC5LP
コード番号 SFE-DEV-13229
SKU# 2297
送料区分 150
税込単価 6,243
数量
在庫 6
短縮URL ssci.to/2297
公開日 2015年7月31日