international
pcborder
category
sns
新商品やニュースなどいろいろな情報を配信しています。

SD1602HをRaspberryPi用i2cシールドにするキット

Sunlike 社製の SD1602H を、RaspberryPi 用の I2C シールド(拡張ボード)にするキットです。 SD1602H そのものとピンヘッダー(1×16)は付属していませんので、別途、御用意ください。 I2C (TWI) 方式専用ですので、貴重な GPIO ピンを消費しなくて済みます。 また、おまけ機能として、+5V 汎用出力4点(内3点は PWM 出力も可能)も付いています。

SD1602Hは、バックライトが緑色のタイプと、オレンジ色のタイプの2種類がありますが、どちらを使用しても構いません。 SD1602Hで表示できる半角185字+ユーザー定義文字8文字が出力できます。符号化方式は UTF-8のみ対応です。

組み立て式キットです。表面実装部品(SOタイプ 8ピン)が1つだけ有ります。他はスルーホール部品です。組み立て方は組立て方法を御覧下さい。

電源をOFFにした状態でDIP SWの切り替えを行ってください。通電中にDIP SWを切り替えますと、場合によってはIC等が静電破壊される恐れがあります。 DIP SWを切り替える時は、静電気を逃がしてから行ってください。

作者さんからの受託販売商品です。
輸送上の問題は当社が責任を負います。技術的なご質問には、当社ではお答えできません。下記技術資料のページなどをご参照の上、ご自身で解決していただく必要があります。

動作確認

以下の時での動作を確認しています。

  • RaspberryPi Rev.2 model B
  • Raspbian "wheezy":2013/9/25版:Kernel 3.6
  • WiringPi v2 (point 03)

資料

2017年4月20日更新
名前 SD1602HをRaspberryPi用i2cシールドにするキット
コード番号 BS21LAB-012
SKU# 1572
送料区分 150
税込単価 1,620
数量
在庫 多数
短縮URL ssci.to/1572
公開日 2013年12月26日